• 法外な高金利から借りる方も悪いけど、闇金は違法です

 

お恥ずかしいことにとうとう支払督促申立書が簡易裁判所から届いてしまいました。
借金の返済を滞納していたんで、こういうのが来るっていうのは一応
考えてはいたんですが、実際に手にしてしまうと本当に心臓がバクバクいってしまいますね。
そんなになるなら借金の返済を滞納するな、もっと言えば借金なんて作るなって
感じですけども、クレジットカードでお金を借りることをすごく安易に
考えていて、買い物するときに自分の貯金の口座に入っているお金を
使うのと同じ感覚で使ってしまっていて、どんどん借金の合計金額が
増えていくのも気づかないでいたんですよね。
そして、実際に支払督促が届くまで、私はろくに支払督促についても調べたこともなかったんですよ…。
大慌てで調べたところ、何より早急な対応が必要だということがわかりました。
この支払督促に同封されている異議申立書を裁判所に返送しないと、
借金を全部そのまま認めたことになり、全額一括返済しないといけなくなるそうなんです。
もちろん、借金があるのは事実であって、そのことに対する異議はないんですが
全額一括で返済するっていうのは無理…という場合でも
とりあえず異議申立書を送らないとメなんだそう。
そして、その異議申立書を送る期限っていうのが2週間しかないんですよね。
もちろん、届いてすぐに対応するんだったら十分な期間がありますけど、
「なにこれ?」っていうとこからはじまってそれについて調べていたり
あるいは法律の専門家に相談したりとかってしてるとすぐに2週間なんて
すぎてしまいそう…他に普通に仕事したりもしながら対応しないといけませんし。
とはいえ、こんなものが送られてくるなんて自業自得なわけです。
もちろん、中には詐欺目的で実際には借金などを滞納してるわけでもないのに
送られてくる場合もあるそうですが、それを除くと、基本的には自分のせい。
ちゃんと対応しないといけません。
私もできれば専門家に相談したいところでしたが、とにかく時間がとれないので、
一応、先に異議申立書だけ送っておきました。
これから、裁判所からの連絡を待って、呼び出しに出向かなければなりません。
そこで債権者との協議に入って借金の返済について話し合うことになると思います。
それまでにはなんとか司法書士の先生に相談しておきたいと思って、今、予約をいれています。
こういった支払督促についての体験談とか口コミ掲示板とか見ると
やっぱり、素人があーだこーだして失敗するより、きちんと報酬を
払ってでも専門家に全部任せてしまったほうが確実!ということらしいので。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です